検索エンジンと購買力 - アフィリエイトで副収入を稼ぐ!!

アフィリエイトで副収入を稼ぐ!! ホーム » スポンサー広告 » ノウハウ » 検索エンジンと購買力

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索エンジンと購買力

現在アマゾンアソシエイトを貼っているのは個人ニュースサイトだけです。アマゾンの商品は私のニュースサイトではほとんど売れない・・(笑)
まぁこのサイトは実験サイトですから変化があれば良いのです。アマゾン商品を扱うサイト作りのデーター集めにもなります。

原因を考えてみると訪問客はニュースを見に来るのであって商品を購入するつもりでサイト訪れてない。訪問するときニュースサイトと認識してくるのだからある意味当然です。

たまたま気になっていた商品が紹介されていたとか、常連さんでサイト管理人のお勧めだから買ってみようかということはあり得るとは思いますが商品を購入行動起こす人の割合は非常に低い。

5日の日に 直接リンククリック数5 少な・・(笑)
直接リンクを介して注文された商品3
直接リンクのコンバージョン 60.00% w(゜_゜)w オオー!
売れたDVDがあるのです。

みなさんはDVDネット購入する時どうします?
趣味のサイトやニュースサイト巡って 
商品扱っているサイト探して購入しますか?

通常欲しいDVDとかあれば グーグル、ヤフー大手検索エンジンで検索してヒットしたサイトで購入しますよね

つまりエッセイやニュースサイトでサイドバーにアマゾン商品並べても
売るのが非常に難しいということになります。

5日に注文あったDVDは予約販売です。
それは 倖田來未のBEST ~second session~ special edition (枚数限定生産盤DVD付)
アクセス解析見てみると「BEST ~second session~ special edition」のキーワードで三人訪れているのです。

このアルバムは予約販売なのでどのサイト探しても予約しか出来ない。

検索エンジンで商品キーワード検索して訪れた訪問者は購買力が高いということです。
音楽専門、特定のジャンルに絞ったサイトで音楽を紹介しているサイトを訪れる訪問者の購買力は高い。

そうではないサイトでサイドバーに商品を並べているだけでは難しい。サイドバーのイメージバナーは検索エンジンは読み取れない。本文で音楽、ドラマ、紹介すれば検索エンジンに読み取ってもらえます。

ショッピング系以外のサイトでは本文で商品紹介することもテクニックの1つ

この記事に点数をつける
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://affiliateblog88.blog29.fc2.com/tb.php/99-6aa373d5

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。