天皇とアドセンス(AdSense) その後 - アフィリエイトで副収入を稼ぐ!!

アフィリエイトで副収入を稼ぐ!! ホーム » スポンサー広告 » ノウハウ » 天皇とアドセンス(AdSense) その後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇とアドセンス(AdSense) その後

秋篠宮妃紀子さま懐妊という記事という天皇の話題の記事を書いたところAdSenseが公共広告になったという話を一週間前にしました。

それからグーグルが私のニュースサイトは広告表示させるのに相応しくないとインデックスしたようでそれ以来アドセンス広告表示できません。

サイトにアドセンスのどの広告が表示されるのか簡単に知る方法は「Google AdSense プレビュー ツール」インストすればブラウザで右クリックでプレビューツールで広告確認できます。

アドセンス先の広告主がどんなサイトか気になり一度や二度クリックしたことありませんか (笑)
アドセンスは要注意です。
アクセスが全く無いときに自分でクリックすると。
アドセンス表示 1回 クリック1回だと クリック率100パーセントで不正クリックと見なされたり・・

プレビューツールで広告先クリックしても
アドセンス広告にカウントされないので広告先が気になる方は
Google AdSense プレビュー ツールの利用お勧めします。

今日のテーマはコンテンツが相応しくないと判断されたら永遠に続くのかというのを検証してみました。

ご懐妊のおめでたいニュースですが記事そのものを削除しました。
その日からアドセンスががどう変化するか検証しました。

結果 一週間経って今日 アドセンス広告表示されました。
記事が相応しくないと判断された場合はアドセンス広告は復活する可能性あり。

しかし サイトのコンテンツそのものがグーグルの規定に沿ってないと判断されると公共広告しか表示されません。知らず知らずにアルコール販売のサイトにアドセンスを貼ると規約違反としてなんの前触れも無くアカウント削除という手段とったりしますのでグーグルの規約をよく読んでおくのも大事ですよね
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://affiliateblog88.blog29.fc2.com/tb.php/119-bd1de471

AX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。